新鮮な旬の産直野菜が手に入る

スーパーで野菜を購入する際、その産地を気にして手に取ることはありますか?
たとえば農薬などの問題で中国産を敬遠する方は多いのですが、国産であればどの野菜でも大差ないと思っている方が多いのも事実です。
しかし、実際は産地によって大根ひとつ上げても品種も味も様々なのです。

たとえば、伝統野菜として京野菜は有名です。
5世紀から12世紀頃までに中国や朝鮮半島から伝わった大根などの野菜で、現在多く栽培されている交雑種や品種改良されたものに比べると生産性が劣るものの、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富だといわれています。
青味大根、時無大根などはその代表で、京都以外の地域ではあまり見かける事はありません。
他の地域では、大阪府守口市の守口大根、奈良県の大和野菜の祝だいこんもよく知られています。

なぜ地域特有の野菜があるのかというと、昔からその地域のみで消費されてきたから交雑主が出来にくかったということもありますが、その品種が他の土地に合わなかったということもあります。
野菜の栽培に必要な環境として土は欠かせませんが、土と一言で言っても地域によってかなり違ってきます。
たとえば九州の熊本は高品質な野菜が栽培されることで有名ですが、やはり阿蘇山の恩恵で土が肥えており、それに水がミネラル豊富で農業に非常に適しているようです。

しかし、そういった産地の野菜のすばらしさを知ったとしても、なかなか近所のスーパーで気軽に買うことはできません。
かといって、遠方まで野菜を頻繁に買いに行きたくてもなかなか難しいものです。

そんな時に産地とお客様の橋渡しをしてくれるのが、野菜の宅配です。
農家から新鮮な野菜を直接仕入れ、鮮度が高いままにすぐ発送、しかもどれも旬の野菜という嬉しさです。
旬の野菜のおいしさはもちろんですが、栄養の豊富さが段違いです。

野菜は毎日たくさん食べているのになんだか体調が優れないなんていうときは、野菜の質を振り返ってみることも大切です。
旬をすぎているもの、しなびつつあるものでは充分な栄養は摂れないのです。

市場や輸送、スーパーへの陳列といった流れも挟まないので、鮮度も圧倒的に野菜宅配が勝ります。
しかも、無農薬や有機栽培、放射能検査の結果など、口にするものだからキチンと知っておきたい情報も公開されています。
おいしさだけではなく、安心や安全の面でも優れているのが人気の理由といえるでしょう。

野菜以外の自然食品・食材も一緒に宅配

野菜宅配というと、野菜のみのイメージが強いかもしれませんが、実は自然食品や乳製品、肉類やスイーツと実はかなり幅広い品揃えの会社が多くあります。
まるでスーパーのチラシを見る感覚で、ホームページ上で日常の食材の殆どが注文できるのです。

たとえば豚のしょうが焼きをメインとして、小鉢に小松菜のおひたし、味噌汁は豆腐とわかめとしめじ、そしてご飯とすると、野菜宅配で一緒に注文できるもので殆どの材料が揃えられます。
豚のしょうが焼きなら、豚肉、しょうが、醤油、みりん、付け合せのキャベツが揃います。
小松菜やきのこ類はもちろん、お豆腐や味噌、お米まで取り扱っているところもあるのです。
そして、それらは自然食品や極力化学調味料を使わないものという、味わいだけでなく体にも優しいものが取り揃えられています。

お肉などの畜産物も、もちろん拘りを持って管理されているものが販売されています。
それは生態に適した環境での育成であったり、餌に使う材料も遺伝子組み換えしていないもの、その餌までも放射能の影響をうけていないかチェックが入るという徹底した管理の会社もあります。
たしかに無農薬や有機栽培で野菜の安全性に拘っているのに、他の食材は着色料や保存料たっぷりのもの…というのはおかしな話です。
野菜宅配を利用する際は、野菜だけではなく献立を考えながら買い物を楽しむ感覚でいろいろ一緒に注文してみるのも楽しいかもしれません。
楽しく買い物しながら、そのどれもが安全性が高いものが揃えられているなんて、なかなかスーパーでは体験できないことですね。

中でもお米や卵は特に人気があります。
お米でいえば品種によって食味はずいぶん違うので、毎回違う品種を試してみるのも面白そうです。
玄米のまま販売している会社もあります。
卵は生産者別の表記で「○○さんちのたまご」という風に販売されている場合もあります。
それは、鶏を育てる環境によって生まれる卵に大きな差が出来るからです。
育てる環境や餌によって、味はもちろんですが黄身の色が白っぽくなったり、オレンジのような黄色になったりと変化します。
2〜3種類選んで、日替わりでたまごかけご飯にして食べ比べるのもおすすめです。

九州野菜が人気な理由

産直野菜でも、ここ数年は特に九州野菜の人気が伸びています。
九州のなかでも特に阿蘇山の恩恵の厚い熊本の野菜が注目を浴びており、テレビでもたびたび紹介されています。
熊本平野は九州のほぼ中央にあることから、九州のへそと呼ばれています。
阿蘇山脈に囲まれた清涼な空気と豊富な地下水はミネラルが豊富で、土壌もとても豊かなことから高品質な野菜が栽培されているのです。

中でも人気なのが「塩トマト」や「塩キャベツ」で、テレビで複数回にわたって紹介されているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
塩トマトの特徴は、なんといってもその濃厚さです。
熊本県八代の海岸沿岸部の特定地域で栽培されており、そこは干拓地で土壌に塩分を含むことから栽培されるトマトを塩トマトと言います。
糖度の高さと濃厚な旨みはトマト生産日本一の熊本のなかでもトップクラスで、幻のトマトとさえ呼ばれています。

塩キャベツも熊本県で、こちらは宇城市不知火の干拓地の沿岸で栽培されています。
ここは元々が海の底で、天然のミネラルを豊富に含んだ土壌で育った塩キャベツは高糖度で高品質なことで有名です。

塩トマトや塩キャベツに限らず、熊本を中心とした九州の野菜は他の土地と比べると生命力が強く、味や旨みが濃いのが特徴です。
野菜の出来を左右する要因に、良質な土と豊かな水が欠かせませんが、熊本は阿蘇山を源とした沢山の一級河川が県土の3割を占めており、また内陸性気候の影響で夏は蒸し暑く冬は寒さが厳しいというメリハリのある気候です。
そのため野菜は養分をしっかりと蓄えており、ひとつひとつがとても栄養価の高い状態で生育されるのです。



何気ない普段の献立であっても、食材の栄養価や旨みが上質なものに変われば、体や心は自然と力がみなぎってきます。
しかし、自分自身でそれを叶えようとするとあちこちのスーパーや八百屋に出向くために奔走しなければなりません。
時間もかかりますし、なによりそれでも納得のいくものが買えるとは限りません。

そんな時間の無駄を無くし、確実に安心・安全な食材を手軽に自宅に届けてもらえるのが野菜宅配なのです。
毎日の食卓には家族にとって安全なものを食べさせたい、野菜の本当のおいしさを知りたい、重たい野菜を買い物から持って帰るのがつらい、野菜不足な食生活だからこそ食べるときには質を重視したいという方に、野菜宅配はとてもおすすめです。

初めての方に向けたお試しセットもあるので、まずはそちらからスタートしてはいかがでしょうか。
きっと、一度食べたらそのおいしさと満足度に虜になり、今度はあなたが身近な方におすすめしたくなる事うけあいです。