有機栽培・有機野菜とは

有機栽培とは、科学的に合成された肥料および農薬を使用しない、遺伝子組み換え技術を利用しないこととされています。
また、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法とも添えてあります。
しかし、限定的な条件ではありますが農薬も化学肥料も指定された物であれば使用は許可されています。

有機農産物、有機野菜の定義は「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(JAS法)により定められています。
有機農産物は農薬と化学肥料を3年以上使用しないで栽培されたものを指し、それが6ヶ月未満のものに関しては転換期中有機農産物という表記になります。
他にも、多年生の野菜は3年以上、それ以外のものは2年以上の間禁止されている農薬・科学肥料を使用しなかった土壌で栽培すること、という規定があります。
また、遺伝子組み換え技術の使用は禁止されています。

農作物に有機栽培として表記するためには、農林水産大臣に登録された登録認定機関の認定を受けなければならず、この審査は書類と実地の両方を実施されます。
農場や加工場が有機の生産基準(有機JAS規格)を満たしているか、規格に則って生産できるように生産管理や生産記録の作成が適正に行われることが出来るかといったことを確認するのですが、これは登録認定後も最低でも年に一回は認定農家の調査が行われます。

それらの要件を満たし、登録機関で認定された農家等は、自らが生産した有機農産物にJASマークを付けて市場に出せ、その場合のみ「有機野菜」という表示ができます。

有機栽培では土作りの元として堆肥がしっかりと使われており、化学肥料が徐々に成分が減退していくのに対して、堆肥は有機質を微生物が分解することで野菜が吸収できる成分に変化していくので、徐々に途上が豊かになっていくという点が大きく異なります。

長いスパンで見ると、徐々に土が痩せて行ってしまう科学的な農業より、有機栽培による農業のほうが土壌の健康性が高いといえるでしょう。

こういった風に、有機栽培の特徴として明確な規格や長期の継続によるメリットがあります。
有機栽培と名乗るには厳しい条件が明確化されているので、農薬や化学肥料の使用に関する不安に対してひとつの安心材料として目安としやすく、それをクリアしている物はそれだけ国が定める一定のクオリティを保っている農作物だということが言えます。

野菜宅配でも有機栽培の野菜が販売されることが多く、その味わいは科学肥料や農薬を多用したものよりも濃厚であることが多く、こどもに安全な野菜を食べさせたいと願う母親層のリピートも多くあります。

何年農薬を使わなければ無農薬野菜?

平成19年度の改定前のガイドラインでは、栽培に関わったその年に農薬を使わなければ良いとされていました。
しかし、実際はあまり明確な定義とまではいかず、現在では「無農薬」という言葉は農林水産省のガイドラインでは使用が禁止されているのです。

農薬として指定されているものを使わないというのが無農薬とするならば、農薬として指定されていないものを使用しても無農薬という事になってしまうからです。
農薬と同等に害虫忌避剤や駆除ができる農薬以外のものとして木酢液が上げられますが、これは発がん物質の可能性が懸念されています。
しかし、コンパニオンプランツとしてバジルやマリーゴールドを作物の近くに植えることで害虫を避ける効果を出す無害の農法もあり、こちらも同じく無農薬となります。

このように無農薬という表現にはゆらぎがあり、無農薬であれば安心といえるものではないことがお分かりいただけたでしょうか。
そのため、宅配野菜で無農薬野菜として販売している会社の多くは自社で「無農薬の規定」を定めており、その定義の基に高い安全性と安心を届けていることから人気があります。

自然農法とは?

自然農法とは、耕さない、除草しない、肥料を与えない、農薬を使用しないという特徴を持つ農法を指します。
しかし自然農法には規定というものは無く、JAS法等では定義されていないことから実践者によって方法は様々です。

土地を耕さないことのメリットとして、植物の根がはることによって土が柔らかくなるほか、虫や小動物の死骸や糞の蓄積による微生物の増加なども期待されています。
虫や草を排除するのではなく自然の一部とみなし、自然のバランスをとることで生命の循環を行おうとするものです。

放任とは異なり、作物の生育と環境のバランスを見ながら手を多少加えていくのですが、過剰な手間や先回りのお膳立てをするよりも作物の生命力に任せるほうが上手くいくという例もあります。
自然農法は経年とともに土が豊かになっていくと言われており、それは土壌の微生物の増加や有機質の分解によるもので、化学肥料を使った際とは反対の減少が起きるのです。

しかし、農作物として出荷に至るには収穫できる野菜の質にムラが多く、自家消費されることが多い農法といえるでしょう。

無添加野菜とは?

食品添加物には様々な種類があり、食品衛生法によって4つに分類されています。

指定添加物

こちらは厚生労働省が安全性と有効性を確認した添加物で一般的に使用されているものはこれにあたります。

既存添加物

長期間にわたって使用されてきた実績があり、それを認められているものを指します。
天然添加物とも言われており、その有用性は食品安全委員会によって科学検査に基づく食品健康影響評価を行っており、その安全性の確認を行っています。

香料

天然香料も添加物に含まれ、植物や動物を由来とする香料を指します。

一般飲食品添加物

こちらは通常は食品として扱われるものを添加物として使用しています。

野菜の加工品に添加物を用いないことを無添加野菜という表現する場合もありますし、化学肥料による栽培を行っていないものに無添加野菜とする場合もあるので、明確な言葉では無いのが現状です。

オーガニックって?

オーガニックとは、農作物への取り組みを通して社会的に希望のある未来を創ることを目指す取り組み自体を指すもので、農法のことだけを指しているものではありません。
科学農法や化学肥料を使わないことで水や土、大気を汚染から守り、そうして収穫された野菜がオーガニック栽培として呼ばれているというので、その過程である環境への配慮が重要であると言えます。
自然との共生もひとつの課題としてあげられており、自然の動植物を守り生物の多種多様性を保全すると言う観点からも、農薬や化学肥料の使用は虫や微生物の生態系のバランスを崩すとして避けることを推奨されています。
そうして食品の安全性を高めることでアレルギーの無い生活の実現を目指している面もあります。

有機栽培=オーガニックと言う風に混同はできませんが、有機栽培での土作りや農作物の栽培方法の面では共通する部分も多くあります。
有機栽培に世界的な規模での環境保全の思想の有無が加わっているものがオーガニックであるという捉え方もあります。

オーガニックの原則として「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目があり、それは人間も自然界の生き物のひとつとして存在するものであり、人間が健康で長生きしようとするのならば、豊かな微生物や植物のバランスの取れた生存環境が不可欠である、自然のままの健全な食物連鎖を目指すものだとされています。



このように、一言で「野菜」といっても選び方は多種多様です。
スーパーで手軽に購入できる野菜が悪いと言うわけではなく、規格通りで安定した野菜として私たちの食卓を豊かにしてくれるものに変わりはありません。
しかし、そこからもう一歩進んだ野菜が注目されています。

有機栽培や無農薬栽培による、より安全性や安心感という満足度の高い野菜です。
しかし、実際に購入しようとすると意外とスーパーでの取り扱いは少なく、また割高であることも否めません。

そのため商品としては回転性があまり良いとは言えず、鮮度の面でも期待は出来ませんでした。
しかし、有機栽培や無農薬栽培への需要は年々伸びており、現在では宅配野菜による購入が手軽と言うことも相まって一般的となりつつあります。

宅配野菜のメリットとして、産直で鮮度が非常に良いこと、旬の野菜であること、農作物の栽培において農薬等の使用状況が開示されていることがあります。
それらはインターネット上で簡単に確認が出来るので、従来のスーパーでの購入に比べて情報量が多く、それがリピートにつながっています。

農薬の使用においても100かゼロかという表記ではなく、農薬を使用しているが規定量についてどれくらいの割合なのかという表記をされている場合もあり、購入の際の参考になります。
生産者の顔が見えるというのも安心につながるひとつの要素です。
本当にきちんとしたものを栽培しているからこそ、「○○さんの小松菜」といった具合に野菜の紹介ができるのです。

有機栽培や無農薬栽培が注目されている理由として、その安全性の高さの他に野菜が持つ生命力が強いことから味や旨みが濃厚というのも人気の理由のひとつです。

よくスーパーで3本100円前後で販売されているにんじんと、産直の有機栽培、葉付きで細い根の残ったにんじんではまず見た目の色が違います。
前者はつやつやしていて凹凸もあまり無く、皮をむいたり切ったりする加工がしやすい形状で重宝されます。
それに対して産直のにんじんは少しくすんだオレンジのような色で凹凸があり、皮をむくにも少々手間が必要かもしれません。
それぞれのにんじんの匂いを嗅いでみると、これもまた大きな違いがあります。
明らかに産直の有機栽培のにんじんのほうが濃厚な匂いがあり、また甘みや旨みも非常に強いので、茹でたり蒸しただけでとても美味しい一品となります。
野菜が嫌いだったこどもが宅配野菜に変えてから野菜が大好きになったという話もよく聞きますし、本当に美味しい野菜というのはこどもの味覚を育ててくれます。
味覚が育てば更に好き嫌いは減り、より楽しい食生活が送れるようになります。
給食の時間に不自由しないように、好き嫌いは小さいうちにできるだけ無くしてあげたいものです。

また、宅配野菜では放射能に対する検査が充実していることでも知られています。
もちろん一般的な野菜でもある程度の検査は行われていますが、その検査結果をどこで知れば良いのかというと分からない場合がほとんどです。
まれに店頭で貼り出されている場合もありますが、それが最新の情報であるかといえばそうではない場合がほとんどです。
それでは意味がありません。
放射性物質は体内に一度でも取り込んでしまえば体外への排出に非常に長い時間がかかります。
放射性物質の9割を体外に排出するためには2年以上がかかると言われているので、とにかく体内に取り込まないという防衛策が一番有効と言えます。

宅配野菜では厳しい自社規定による放射性物質の検査が行われており、また自社だけではなく第三者機関による検査も行っている場合が多いようです。
収穫されたものだけではなく、地域によっては栽培している土地に赴いて土壌や水といった生育環境そのものも放射能検査の対象となっています。
ここまでの検査体制は一般のスーパーではなかなか行われていません。

一昔前までは宅配野菜と言うと大きな箱で山ほど野菜が届くというものでしたが、現在では核家族化が進んだこともあって2〜3人向け、調理時間のかからない半加工野菜のキットといったものも販売されており、単身者の利用も伸びています。
購入者の年代は幅が広く、年配の方から若い一人暮らしの方まで様々です。

中でも子育て中の家庭の方からは厚い信頼を得ており、離乳食に安心して使える、こどもの野菜嫌いが直ったという声をよく耳にします。
年配の方であれば、昔食べていたような味の濃い野菜をまた食べられると言う喜びの声を聞きます。
一人暮らしの方はどうしても外食が多くなって野菜が不足しがちですから、せっかくに自炊のときこそ本当に栄養価の高い野菜を食べたい、シンプルな調理でも美味しい野菜が食べたいという方が多いようです。

安心・安全な野菜であることはもちろんですが、産直で旬のものが届くという美味しさと喜び、かさばって重い野菜を買い物先から持ち帰る苦労から開放される、普段と変わらない献立でも野菜自体の旨みが強いから料理上手になったように美味しい食事が作れる…宅配野菜という選択は、毎日の食生活に大きな潤いをもたらします。

宅配野菜はなにも野菜だけを販売しているわけではありません。
最近では多くの宅配野菜会社が乳製品や卵、米、肉などの畜産品や鮮魚も取り扱っています。
その魅力は野菜と同様に安全性の高さと安心です。

牛や鶏に与える餌の段階から放射能検査を行っている会社もある程の徹底振り、そして適正な飼育によってストレスのかからない状況で生まれた卵や牛乳は味わい深いものです。
鮮度の高い卵は卵黄がつまめると言いますが、それは宅配野菜での卵ならほぼ当然のことで、牛乳も風味を飛ばさない加熱処理が行われることで甘みが一層増しており、その卵と牛乳で作ったプリンを販売している会社もあります。

肉や魚への放射能検査も行われており、なかでも魚はその検査が重要だといわれています。
回遊する性質をもつ魚では、特定の地域で放射能に汚染されているものを餌として食べてしまっている可能性があるからです。



私たちの日々の食事の中で、本当に安全・安心と言えるものは意外と少ないのです。
そして、自分ひとりの努力で安全性の高い食品をそろえることはとても難しいものです。

科学的な農業による農薬や肥料、収穫後の残留農薬と言う問題、収穫後にいくつもの業者を挟むことで時間の経過とともに失われる鮮度と栄養、放射能による目に見えない汚染、効率重視の農業による環境破壊、見た目を重視するがための食品添加物…例をあげればキリがありません。

そんな中で、より体にとって安全で、環境にも配慮したものを取り扱っているのが宅配野菜会社なのです。
今では需要とともに野菜宅配会社も増え、代表的なものだけでも6社あります。
らでぃっしゅぼーや、オイシックス、大地を守る会、九州野菜王国、無農薬野菜のミレー、秋川牧園は特に人気があり、はじめて宅配野菜を利用する方に向けたセットが充実しています。
何事も百聞は一見にしかず…まずはこういったセットを試してみて、安全な野菜を安心して食べられる喜びを実感してみませんか。

たかが野菜、されど野菜です。
高品質で栄養価の高い野菜を食べることは、体の内側から自然と活力が沸いてくるものです。
そして、野菜嫌いが家族にいる方こそ、宅配野菜で野菜の本当の美味しさを知ってほしいのです。
食の安全が懸念されている今だからこそ、ぜひ手にとってほしいのです。

更新履歴